本文へスキップ

TEL. 093-632-6812

〒806-0051 北九州市八幡西区東鳴水2丁目10−1−2F

主な活動内容SERVICE&PRODUCTS




○○○○○○○○イメージ
2008年5月

朝鮮通信使平和行列 黒崎祇園山笠参加事業」

龍頭山公園から出発し光復路通りをパレードする為に 総勢121名での一大イベントとなりました。
山笠の待機場所である龍頭山公園には早朝から見物客があふれ釜山市民が初めて眼にする山笠に興味津々な様子でした。



○○○○○○○○イメージ

2008年7月
「朝鮮通信使日韓文化交流」
朝鮮通信使文化事業會より、姜 南周執行委員長以下5名を招聘し平和行列の写真展及び黒崎祇園山笠の前夜祭を視察いただきました。ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ


○○○○○○○○イメージ

2009年5月
「朝鮮通信使祭り 黒崎よさこい隊参加」

地元黒崎をPRするため黒崎PR隊”が朝鮮通信使祝祭へ参加。子供たちの笑顔が印象的でした。









○○○○○○○○イメージ
2009年6月
「韓日友好パネル展」
日時 2009年6月8日〜2009年6月12日の5日間
場所 釜山市庁舎地下通路内ギャラリー
内容 朝鮮通信使祭りに参加したときの様子を写真パネルにて紹介するもの
8日の展示準備中より多くの市民が足を止め、時間をかけ写真に見入っている姿は感動的でした。





○○○○○○○○イメージ
2010年10月
「チーム翔 オウルマダン出場」
会場 釜山市海雲台 APECナル公園
オリジナル曲の「翔る」とオリジナル振付の「福来舞曲」を演舞し最高のステージとなりました。
国境を越え様々な国の方と身振り手振りでコミュニケーションを図り笑顔と歓喜の涙で大満足のグローバル・ギャザリング出場となりました。





○○○○○○○○イメージ
2011年5月
「チーム翔 小倉祇園太鼓 女無法松の会 
 朝鮮通信使祭り 参加」

よさこいチーム翔と小倉祇園太鼓 女無法松の会の皆様との参加でした。
5.7のパレードは日本各地のチーム251名と釜山地域の芸術団体や市民が参加する総勢1.501名の大規模パレードでした。




○○○○○○○○イメージ
震災の時、手を差し伸べて下さった韓国の皆様へお礼の気持ちをこめて演舞すると日本語でガンバレーの声援が何度も聞こえてきまました。心に残る感動を頂きました。











○○○○○○○○イメージ
2012年5月
「小倉祇園太鼓 女無法松の会 朝鮮通信使祭り 参加」
小倉祇園太鼓W女無法松の会Wの皆様の颯爽としたバチさばきに釜山市民も大喜びでした。








○○○○○○○○イメージ
2012年7月
「日韓文化交流事業共同推進協定書 調印式 」
両団体は両地域の文化・芸術交流をより一層推進するために協定を結びました。









○○○○○○○○イメージ
2013年5月
「東筑紫学園高等学校 吹奏楽部が朝鮮通信使祭りに参加 」
東筑紫学園高等学校 吹奏楽部が朝鮮通信使祝祭参加の為釜山へ行きました。
初めての海外演奏を前に 真剣な練習を積み重ねた 彼等の元気一杯な演奏が街中に響き渡り 無事に演奏を終えた彼らの笑顔が印象的でした。



○○○○○○○○イメージ
イエウオン女子高へ訪問し、楽しい交流の時間も体験しました。こここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ


○○○○○○○○イメージ
2013年7月
「釜山市海雲台センタムシティにて」
朝鮮通信使紙人形の寄付式 理事長が招待を受け参列いたしました。
人の人形〜317体 馬の人形28頭 高さは30pから60cmもありました。見事に精巧な作品で、作者の皆様のご苦労が滲み出る作品でした。
まだ、製作中で完成後は 人〜2099体 馬〜130頭だそうです。











○○○○○○○○イメージ
2013年8月
「釜山文化財団 わっしょい百万夏まつりに参加 」
締結後、釜山文化財団との初めての共同事業。釜山よりわっしょい百万夏まつりに3団体が来日。
チョン・シンヘ舞踊団 南山ノリマダン キラーモンキーズ以上の3チームが完成度の高い素晴らしい演舞を各会場にて披露してくれました。



○○○○○○○○イメージ

チョン・シンヘ舞踊団










○○○○○○○○イメージ

南山ノリマダン キラーモンキーズ










○○○○○○○○イメージ
わっしょいこどもフェスティバル 公演
チョン・シンヘ舞踊団










○○○○○○○○イメージ
2015年3月
「釜山文化財団 視察」
釜山より八幡西区を視察に来られました









○○○○○○○○イメージ
2015年5月
釜山市を視察しました










○○○○○○○○イメージ
2015年12月
「釜山APEC会場」
 釜山APEC会場にて朝鮮通信使記憶遺産登録推進
 経過報告会こここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ

○○○○○○○○イメージ





















○○○○○○○○イメージ
2016年1月
「対馬にて」
 朝鮮通信使世界記憶遺産に共同申請n,,,,,nn












○○○○○○○○イメージ












 2016年5月
「黒崎祇園山笠 釜山遠征」
 朝鮮通信使祭りに2度目の参加
○○○○○○○○イメージ













































       釜山市民の皆様に手伝ってもらって龍頭山公園へここここここここここここここここここここここここ






○○○○○○○○イメージ
2016年7月
「釜山文化財団・釜山市役所 北九州を視察」


いのちの旅博物館











○○○○○○○○イメージ


皿倉山













○○○○○○○○イメージ


ケーブルカーに乗って山頂へ
夜は新日本三大夜景












○○○○○○○○イメージ


黒崎祇園山笠を見学













○○○○○○○○イメージ


平尾台 千仏鍾乳洞
国指定天然記念物













○○○○○○○○イメージ

















2017年5月
「SEGARE 釜山公演」
 朝鮮通信使まつり


当会若手メンバーが担当した初めてのイベントとなった。これまで行ってきた伝統芸能の交流で
はなく、近代文化の交流という新しい試みで挑戦し 演歌とロックを融合させたインディーズバ
ンドの『SEGARE』が釜山のご年配の方々を沸かせた。


リハーサルとステージの合間に交流


北九州に来てくれたチヨンシンヘイ舞踊団の皆様と再開


松尾理事長(左) 対馬 松原先生(右)


晩餐会 参加者表彰式


NPO法人 翔青会とSEGARE


ボランテァの皆様と食事 古門副理事長(右)

SEGARE ステージ公演


2017年8月
「SEGARE 釜山国際ロックフェスティバル参加」

メインステージ他4つのステージからなる若者を中心にしたロックの祭典
グリーンステージでのSEGAREの演奏は最高の盛り上がりを見せ、野外フェスでは掟破りの
アンコールまで許可をしていただき、5月に特別公演をみてくれたファンがこちらのステージ
にも来てくれるなど沢山のエピソードに包まれた記憶に残る交流であった。


2017年11月
「朝鮮通信使ユネスコ世界記憶遺産登録記念行事」


(財)釜山文化財団主催のユネスコ記念式典に参加
理事長始め8名のスタッフで喜びを分かち合いに釜山へと出発。まずは映画の殿堂での祝賀公演
にはじまり素晴らしい演舞の数々に感動。
場所をパークハイアットホテルに移動して、パネルディスカッション後に記念祝賀レセプション
と続くなか、参加者一人一人への気配りが感謝に尽くせぬ程であり主催者様の心配りがとても勉
強になった思い出深い一日となった。


 松尾理事長(左) カン ナムジュ先生(姜 南周)


記念公演 とても素敵な公演でした


映画の殿堂のイラストの前で記念写真







ハングル名の印鑑・ネームシールなど1人1人に記念品を頂きました


2018年5月
「県無形民俗文化財 木屋瀬宿場をどり振興保存会」
 朝鮮通信使まつり参加


福岡県指定無形民俗文化財である木屋瀬宿場をどり振興保存会の皆様が参加されました。
生歌に太鼓と三味線で踊り、300年以上 地元により受け継がれた盆踊りです。 
風流であり又、懐かしさも感じられます。今回は子供たちを中心に下は3才から上は79才
と幅広い年齢層からなるチームでの参加です

朝鮮通信使の夜の公演です







































チヨンシンヘイ舞踊団の皆様























晩餐会 参加者表彰式







バナースペース

NPO法人 翔青会

〒806-0051
北九州市八幡西区東鳴水2丁目10−1−2F

TEL 093-632-6812
FAX 093-632-816